ブライダルリング価格

リングブライダルリングと一口に言いますが、マリッジリングにエンゲージリング…いろいろと言い方があります。どれがどの意味をさすのか、良く分からないかもしれません。ブライダルリングとは、結婚する時に用意される指輪のことで、エンゲージリング=婚約指輪と、マリッジリング=結婚指輪があります。ブライダルリングはこの両方のことをいいます。他にもリングではなくバンドと呼ぶこともあります。ちょっと分かりにくい言い方なので、婚約指輪と結婚指輪でお話します。結婚指輪の由来は古く、古代ローマ時代の9世紀に遡ります。ローマ教皇のニコラウス1世が、自分の結婚式で指輪の交換をしたのが始まりといわれています。11世紀になるとヨーロッパで定着し、日本には昭和40年代以降に広まりました。

婚約指輪の購入価格について、いろいろなところでアンケートが行われていますが、アンケートによって価格に違いがみられます。ある調査では平均31.7万円です。9割以上の人がダイヤモンドの指輪を選び、0.3カラット前後のダイヤが人気のようです。またある調査では、平均33.3万円。30~40万円が24%と最も多く、20~30万円が21%という結果でした。また、平均32万円という調査結果もあります。20~30万円が21%と多く、ついで10~20万円と30~40万円がそれぞれ15%という結果です。10~20万円が24%で一番多い調査結果もありました。これらの結果には違いがみられますが、一般的には25~35万円ということになります