婚約指輪と予算

女性映画やドラマでは、婚約指輪はプロポーズの時に贈られることが多いようです。贈られた女性はダイヤモンドをあしらった豪華な指輪を見て、驚きと感激ではじけるような笑顔を浮かべます。一方結婚指輪は、結婚式で誓いを交わす時に交換するお揃いの指輪です。婚約指輪はハレの席でつけることが多いのに比べ、結婚指輪は日常的につけるものです。女性だけではなく男性もつけるので、家事や仕事などに邪魔にならないように、プラチナやゴールドのシンプルなデザインのものが多くなっています。指輪の丸い形は、永遠に途切れることのない愛情を表しています。婚約指輪で永遠の愛を、結婚指輪で永遠の絆を約束することいわれています。

婚約指輪を渡すタイミングは結婚式の前になってしまうので、婚約指輪に予算をかけすぎると、結婚式の費用が不足したり、結婚後の生活が苦しくなるかもしれません。一応の相場は25万円から35万円ほどとされていますが、婚約指輪を用意する際は、価格の相場を気にして無理するより、結婚してからの生活を踏まえて予算を確保しましょう。結婚指輪は日常的に付けるものなので、宝石などが小さいグレードの低いものを選び、浮いた予算を婚約指輪にかけるなど、極力負担を抑える工夫も重要です。